PR

常田大希着用の古着adidasトラックジャケット/スウェットを買ってみた

King Gnu 常田大希
当サイトではアフィリエイト広告を利用しています。

King Gnu(キングヌー)常田大希さんが、2020年2月22日にTBS「CDTV」でTeenager Forever披露時に着用していたadidasの古着トラックジャケット/スウェットジャージを特定し、買ってみたので紹介します。

▶adidas 70s スウェットを探す
楽天市場 メルカリ Yahoo!ショッピング 
セカスト

adidasのトラックジャケットを実際に買ってみた

カラーはグレーxブルーです。

スウェット素材のトラックジャケット。

中央のブルーラインが目を引きます。

肩はラグランなのでジャストサイズorオーバーサイズのゆったりとしたサイズ感でもどちらでも良シルエットになるように感じます。

とても暖かいわけではありませんが、薄手のジップアップパーカーを羽織ってるのと同じ感じの暖かさです。ちょっと冷えるな~ぐらいでさらっと羽織れる便利なアイテムです。

通年使えるんじゃないかと思います。

adidasトラックジャケットのディティール

ディティールをみていきます。

カラーブロックデザインです。

上から濃いグレー、ブルー、淡いグレーのカラーブロック。

腕とボディのカラー切り替えの配置は同じです。

ブルーカラーが、今ではなかなかみかけない、この時代特有のカラーといった感じがしてかっこいいです。

胸元にはトレフォイルマーク刺繍adidasロゴ刺繍

近接でみるとけっこう毛羽立っているのがわかりますが、淡いカラーのおかげか、ぱっとみただけだと目立ちにくいです。

デッドストックの同アイテムを触ったことがあるのですが、ふっかふかのもっふもふで、ぜひ皆さんもデッドストックに出会えた時は、その質感を体感してみてほしいです。

毛羽立ちは古着のスウェット素材にはつきものですが、Amazonで買ったプチプラ毛玉クリーナーでも十分に毛玉はとれます。もうすでに毛玉を何度も取り除いていて生地自体が薄くなってしまっているアイテムについては、毛玉クリーナーをやったところで効果はないのでそもそも選ばないほうがいいです。

アディダスのトラックジャケット(ATPやスウェット素材のもの)でいうと、7~8割のアイテムは毛玉がついていても生地はしっかりとしていて毛玉を取り除いてまだまだ着られるものが多いように感じます。

ちょっと毛羽立ちを取り除くだけで洋服がかなり綺麗にみえるのでおすすめです。

もう1点。グレーのスウェット(Championリバースウィーブ等)の首回りやボディに黄シミがついていることもほんとうに多いのですが、大体は、ワイドハイターEXを黄シミに直接塗って、シミ部分を温かいお湯に1時間ほどつけ置きした後、普通に洗濯すると綺麗になることが多いです。しつこい場合は、つけ置き時間を長くします。プリント部分を一緒につけ置きすると色落ちするのでその点は注意してください。

黄シミもあきらめないでください。

▶adidas 70s スウェットを探す
楽天市場 メルカリ Yahoo!ショッピング 
セカスト

話がそれました、ディティールに戻ります。

前面両側にポケット付き。

ポケットにはファスナーはついていません。

袖先と裾はリブ

首元はこんな感じで、リブになっています。

ファスナーのプルタブは丸くて、アディダスの刻印が入っています。YKKジップ

凝ってますね。

adidasトラックジャケットの年代は?

トレフォイルマークの葉っぱが3つすべてバラバラなので、1972~80年代のアイテムと思われます。

made in Taiwan. 台湾製です。

adidasトラックジャケットのサイズ感は?

ジャストサイズに作られているので、ゆったり着たい方はワンサイズ大きいサイズを買ったほうがいいかもしれません。

常田さんもめずらしくジャストサイズに着ているのでLサイズ程度を着用していると思われます。

常田さんは黒のタートルネック、黒のパンツを合わせていた

常田さんは黒のタートルネック、黒のパンツ、サングラスを着用し、トラックジャケットは首元までファスナーを閉めてコーディネートしていました。

インナーに濃いめのはっきりとしたカラーをもってくるんですね、参考になります。

以上、実際に買ってみたレポートでした。

▶adidas 70s スウェットを探す
楽天市場 メルカリ Yahoo!ショッピング 
セカスト

常田大希着用アイテムまとめ

常田大希さん着用アイテムのまとめはこちらから!

この記事を書いた人
M部長

軟式古着部部長。30代後半。小学校時代から代々木公園、明治公園のフリマに通い、古着選球眼を養う。
国内古着ECの運営、越境ファッションブランドの企画、古着リメイクブランドの設立など、古着と関わること20年以上。
古着の魅力を発信するため、副部長である妻と共に軟式古着部(当ブログ)を運営しています。

M部長をフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
King Gnu 常田大希芸能人着用/古着/私服
M部長をフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました