PR

aiko着用ユーロ古着のドイツ軍トラックジャケットを買ってみた

aiko
当サイトではアフィリエイト広告を利用しています。

aikoさんが2023/2/3インスタグラム投稿にて着用していたトラックジャケットを実際に買ってみたので紹介します。

2023年2月1日・2日にzepp nagoyaで行われた「Love Like Rock Limited vol.2」名古屋振替公演の際に着用していたアイテムと思われます。

下記の投稿の4~6枚目です!

また、King Gnu(キングヌー)新井和輝さんが衣装で、そして女優の清野菜名さんもドラマ「日曜の夜ぐらいは…」第7話の衣装で着用していたアイテムです。

動画の0:10頃に登場します!

ドイツ軍トレーニングジャケットを
 メルカリで探す 楽天市場で探す Yahoo!ショッピングで探す

ドイツ軍トラックジャケットを実際に買ってみた

実際に同種同型と思われるトラックジャケットを買ってみたのでご紹介します。

aiko 着用 ドイツ軍 トラックジャケット
aiko 着用 ドイツ軍 トラックジャケット 背面

ブルーxネイビーカラーのカラーブロックトラックジャケットです。

胸元高めの切り返しがかっこいいですね。

ドイツ軍トラックジャケットのディティール

ディティールを見ていきます。

aiko 着用 ドイツ軍 トラックジャケット 袖

カラーの切り返しは肩から手首のあたりまで続いています。

aiko 着用 ドイツ軍 トラックジャケット 首元

首元内側はネイビーカラー。

aiko 着用 ドイツ軍 トラックジャケット ファスナー

ファスナーはYKKです。

aiko 着用 ドイツ軍 トラックジャケット ポケット

ファスナー付きのポケットが前面両側についております。こちらもファスナーはYKK。

aiko 着用 ドイツ軍 トラックジャケット 袖先 裾

袖先、裾はシャーリングになっています。デザインはアディダスのトラックジャケットと同じような感じです。

アディダスなどのスポーツブランドと異なっている点は触り心地です。

ATPのようにつるつるさらさらしているのでもなく、ナイロンジャケットのようにシャカシャカしているのでもない、独特のざらっとした質感です。パイル地に近いような触り心地です。

布の表面も近接でみると、格子状、小さな四角が集まっている編み方にみえます。

aiko 着用 ドイツ軍 トラックジャケット ロゴ

胸元の刺繍ロゴパッチを近接でみるとこのような感じです。

BUNDESWEHR(意味:ドイツ連邦軍)の刺繍と、そのすぐ下に、アドラー(黒い鷲)をモチーフとしたドイツの国章が布に刺繍されております。

その刺繍パッチがジャケットの胸元に縫い付けられています。

ドイツの国章、とってもかっこいいですね。

こちらはドイツ軍のトレーニング用トラックジャケットだったことがわかります。

ドイツ軍トレーニングジャケットを
 メルカリで探す 楽天市場で探す Yahoo!ショッピングで探す

80s adidasタグ

aiko 着用 ドイツ軍 トラックジャケット タグ アディダス

タグはadidasで80年代ごろのアイテムです。

同デザインで、adidas製の他にもsporettwunsch&rudolphというドイツメーカー製のアイテムもあります。

adidasがドイツ軍に納品していた

なぜ異なるメーカーが存在するかというと、ドイツ国内で選ばれた各メーカーが、ドイツ軍へ製造・納品を行っていたから。軍モノあるあるですね。

軍にボディを採用されるということは、高品質メーカーである証でもありました。

こちらのトラックジャケットはドイツ軍放出品としてかなり定番ではあるのですが、adidas製造のものはなかなか出てきません。レアな一枚です。

ちなみに、同じジャケットで右胸にトレフォイル(三枚葉)があるものも存在します。

aikoさん着用のドイツ軍ドラックジャケットのサイズはL~サイズ

今回購入したものはサイズ54というもので、メンズ2XLサイズ程度です。

小柄なaikoさんですが、オーバーサイズに着用しているようですので、メンズLサイズ以上を着用していると思われます。

オーバーサイズを購入したい場合は、サイズ表記50、52、54あたりを購入すれば、メンズLサイズ以上のサイズ感になると思われます。

以上、実際に買ってみたレポートでした。

ドイツ軍トレーニングジャケットを
 メルカリで探す 楽天市場で探す Yahoo!ショッピングで探す

皆さんもお気に入りの軍もの古着を探してみてはいかがでしょうか。

この記事を書いた人
M部長

軟式古着部部長。30代後半。小学校時代から代々木公園、明治公園のフリマに通い、古着選球眼を養う。
国内古着ECの運営、越境ファッションブランドの企画、古着リメイクブランドの設立など、古着と関わること20年以上。
古着の魅力を発信するため、副部長である妻と共に軟式古着部(当ブログ)を運営しています。

M部長をフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
aiko芸能人着用/古着/私服
M部長をフォローする
軟式古着部

コメント

タイトルとURLをコピーしました