PR

レディース服専門のおすすめ宅配買取サービス2社比較!ブランドゥール vs RIBLA(リブラ)

宅配買取
当サイトではアフィリエイト広告を利用しています。
M部長
M部長

古着にかかわること20年以上、古着買取業者の経験もある筆者が「レディースブランドの洋服・古着」にぴったりな買取業者を比較・解説します!

レディースブランドの洋服・古着の宅配買取サービスを使ってみたいけど、似たような業者が多くて迷っていませんか?

  • どの買取サービス(業者)がいいのか判らない
  • ちゃんと査定してもらえるところに出したい、失敗したくない
  • 自分に合った買取サービスを選びたい

この記事を読めば、そんな悩みを持つあなたに最適な宅配買取業者がわかります。

高額査定を狙うには、「買取業者が得意とするジャンルのアイテムを査定してもらう」ことがポイントです。本記事では、レディースブランド、女性ものの洋服・古着を専門に扱う買取業者2社(ブランドゥール・リブラ)を比較し、メリットやデメリットをまとめています。

M部長
M部長

結論から言うと、M部長のおすすめは「ブランドゥール」かな。

レディース服ブランド・古着専門買取サービスおすすめ2社比較

今回は「レディース服専門」「レディースブランド特化」を謳っている宅配買取業者2社(ブランドゥール・リブラ)を厳選し、サービスを比較。

ブランドゥールリブラ(RIBLA)
運営会社㈱オシャレポ㈱BLM
設立2006年5月2019年8月
特徴査定UPキャンペーンが豊富!LINE査定に対応年間買取実績10万点!レディース専門店の高価買取
買取種類①宅配
②出張
③店頭
①宅配
②出張
送料・手数料完全無料完全無料
ノーブランド買取不可買取不可
LINE査定ありなし
取扱いブランド数5000~6000~

各サービスの特徴をまとめていくので、ぜひご覧ください。

ブランドゥール:豊富なキャンペーンとLINE連携で使いやすい!

期間限定!高価買取キャンペーン中! Branduru

ブランドゥールは、「女性のためのブランド買取サイト」。たくさんの買取額UPキャンペーンと、「LINE査定・LINE連携」など、宅配買取の使いやすさが特徴。

M部長
M部長

LINE査定は、売りたい洋服をスマホで撮影して、送信すれば査定をしてもらえるサービスです。あくまでも概算にはなりますが、持込や発送などをしなくても売却判断ができるのは大きなメリットです。

ファッション感度の高い渋谷に実店舗を持っており、長年にわたり古着買取サービスを行っている実績もあります。安心して買取を任せることができる会社です。

リブラ:取扱ブランドが豊富なレディース専門買取サービス

レディースのブランド古着・洋服の宅配買取【RIBLA】

リブラは、「取り扱いブランド数業界最大数・年間買取実績10万点」の買取サービスです。レディース専門店だからできる高価買取が強み。

M部長
M部長

豊富な取引実績をわかりやすく公開しているのが好感を持てます。また、店舗を持たない買取専門店ですので、人件費や固定費がかからず、高額買取を実現できるのがリブラの強みです。

運営会社は2019年設立ですが、10年以上ブランドの査定歴のあるプロが多数在籍しているとのこと。

レディース専門買取ブランドゥール・リブラの共通点

まずは各サービスの共通事項を確認します。両者とも、宅配買取のサービスに大きな違いは見られませんでした。以下、共通点をまとめました。

共通点①完全無料の宅配買取サービス

ブランドゥール、リブラどちらも「完全無料」の宅配買取です。

  • 宅配キット(段ボール)
  • 宅配キットの受取送料
  • 宅配キットの返送送料
  • 査定手数料
  • キャンセル料金、返送料
  • 査定金額の振込手数料

上記に挙げた項目が、どちらもすべて無料です。宅配キットの申し込みから査定金額振込(もしくはキャンセル)まで、余計な費用を請求されることはありません。

査定金額に納得がいかなければ気軽にキャンセルができるのが嬉しいポイントです。

共通点②季節外れの洋服も買取!オールシーズンOK

買取店によっては、夏に冬物、冬に夏物など季節外れ商品を買い取ってもらえない、もしくは査定額が低くなるところがあります。しかし、ブランドゥール・リブラ共にオールシーズン買取対応。

オールシーズン買取OKというのは、季節外れという理由で査定額が低くならないということです。季節感問わずにいっぺんに査定に出せるので、断捨離が進みます。

M部長
M部長

買取業者によっては、季節外れのアイテムは買い取ってくれなかったり、査定額が落ちたりするところもあるんです。

共通点③ノーブランド・ファストファッションは買取不可

ブランドゥール・リブラ共にノーブランド(ノンブランド)・ファストファッションは買取不可(値段が付かない)です。

こういったアイテムは、ノーブランド品も買取してくれるサービスを併用したり、フリマアプリに出品するのが良いでしょう。

M部長
M部長

手間はかかるけど、フリマアプリが一番高く売れる見込みが高いですね。ノーブランド品買取業者については、また別記事にまとめます。

レディース専門買取ブランドゥール・リブラの比較

それでは宅配買取サービス2社の比較をしていきます。

比較①キャンペーンの多さは「ブランドゥール」

買取額UPキャンペーンを積極的に打ち出しているのが、ブランドゥールです。よくある「季節モノの買取額UPキャンペーン」だけではなく、

「買取強化ブランドキャンペーン」「指定ブランドのアクセサリーを”他社より高く買います”キャンペーンなど、多くのキャンペーンを打ち出しているのが印象的でした。

「自分に合ったキャンペーンを見つける」のは、高価買取のコツでもあります。重要なポイントです。

M部長
M部長

特に面白いなと思ったのは、「他社より高く買います」キャンペーン。他社の見積もりを提示すると、それより高値で査定してくれます。某家電量販店っぽいやり方です。

比較②機能性は「ブランドゥール」

宅配買取サービスの機能性、使いやすさはブランドゥールが優れています。

まず、ブランドゥールの買取サイトトップページの目立つ部分に「買取相談コールセンターの電話番号」が記載されているのも、好感が持てるポイントです。査定の前に気軽に相談することができます。

そしてLINE査定があるのが大きなメリット。宅配キットで商品を送る前に概算の査定額がわかるのはかなり便利です。

また、サイトには「マイページ機能」もついており、アカウントを登録することで、査定結果の確認が簡単になります(マイページの作成は任意)。さらに、マイページと「LINE連携」することで、LINEを使ってトークをしながら査定依頼・集荷依頼をすることができ、査定結果もLINEで確認できます。

M部長
M部長

宅配買取に求める「手軽さ・簡単さ」が揃っていますよね。ユーザーフレンドリーなところが高評価です。

比較③取扱いアイテム数・専門性は「RIBLA(リブラ)」

取り扱いアイテム数はリブラのほうが多いです。なんとその数6000以上。ホームぺージでも、他社買取サービスと比較した「リブラ買取価格」を公開しており、レディースブランドの買取価格の高さに自信が伺えます

また、リブラは実店舗を持たない「買取専門店」です。店頭買取を行っていないことは一見デメリットのように感じますが、一等地の繁華街の家賃や人件費を抑えることで、高額買取が期待できます。

M部長
M部長

リブラのホームページには実際のアンケートが公開されているが、買取の満足度は90%以上とのこと。レディースブランドの査定については、だいぶ安心感があるサービスですね。

まとめ:M部長のおすすめは「ブランドゥール」

比較の結果、M部長の個人的なおススメは「ブランドゥール」。

どちらも「宅配買取サービス」としては、信頼に足る業者であることは間違いないですが、宅配買取での重要なポイント「便利、カンタンさ」はブランドゥールの方が充実していると感じました。

個人的なお勧めとしては、
・事前にブランドゥールでLINE査定
・LINE査定の結果、値段が付きそうなものをブランドゥールで宅配買取
・査定額が気に入らなかったら、リブラに再査定してもらう。
という流れがいいんじゃないかと思います。

ブランドによってはリブラの方が高額査定してもらえるアイテムがあると思うので、各サイトに記載されている、「買取強化ブランド一覧」「買取強化キャンペーン」は必ずチェックしましょう。

M部長
M部長

会社によって「買取強化アイテム」は微妙に違います。自分が査定に出したい古着のブランドに合った買取業者を選ぶのがポイントです。どちらも査定後のキャンセルは無料なので、気軽に宅配買取を試してみてください!簡単さにびっくりするはずです!

この記事を書いた人
M部長

軟式古着部部長。30代後半。小学校時代から代々木公園、明治公園のフリマに通い、古着選球眼を養う。
国内古着ECの運営、越境ファッションブランドの企画、古着リメイクブランドの設立など、古着と関わること20年以上。
古着の魅力を発信するため、副部長である妻と共に軟式古着部(当ブログ)を運営しています。

M部長をフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
宅配買取
M部長をフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました