PR

90s OLD GAPレザージャケットを買ってみた

おすすめ古着
当サイトではアフィリエイト広告を利用しています。

90s GAP(オールドギャップ)のレザージャケットを買ってみたので紹介します。

OLD GAPのレザーカーコートは言わずもがな名品ですが、こちらのジップタイプのものもじわじわと人気がでております。最近ですと、King Gnu(キングヌー)の井口理さんが近いアイテム(ジップが襟元までのもの)を着用されていました。

オールドギャップはレギュラー古着、グッドレギュラーと呼ばれるアイテムの1つ。90年代のアイテムを中心に、デザインの良いものが有名古着屋に取り上げられ、人気が急上昇しました。

楽天市場で「OLD GAP レザー」を検索

実際に買ってみた

それでは細かいディティールをみていきます。

カラーはブラック、装飾がほとんどないシンプルなデザインです。

ジップは襟先まであるタイプで、襟を立てて着用することも可能です。

袖先は調節機能はなし、袖先に向かって細くなっていくデザインです。

前面両側にスラッシュポケットがついています。

裾にはシャーリングはなく、ストンとしております。

レザーは本革

レザーの触り心地は、少し硬めでしっかりしています。

近接で撮影しても、艶があるのがわかります。

気になる素材ですが、表地GENUINE LEATHERで本革、裏地は100%ポリエステルです。

made in China。

タグは紺タグ 1988~90年代製

タグは紺タグなので1988~90年代のものと思われます。

念のためタグの裏側も載せときます。

内ポケットもあり機能面も良し

内側はキルティングではないので、さらっとした着心地です。中に着込んでもすっきりとしたシルエットを保てそうです。

内側も両サイドにポケットがあり、さらに右側にはもうひとつ、ペンなども収納できるよう長方形のポケットがついております。

シンプルな美しいデザインというだけでなく、機能面も充実しています。

さらに、内ポケットのための予備ボタンも縫い付けてありました。こういう細かい配慮がうれしいですね。

ジップはYKK

プルタブにはGAPの刻印があります。渋いですね。

裏側を確認するとYKKの刻印があります。開閉もスムーズです。

サイズ感:表記より一回り大きめ

サイズ感は表記サイズより一回り大きめ。こちらはMサイズ表記のアイテムですが、日本サイズで言うところのLサイズです。

普段Lサイズを着用する、177cm70kg中肉中背の私にはMサイズがちょうどいいサイズ。少し大きめに着るなら、Lサイズが良いですね。好みもありますが、XLサイズだと大きすぎる感じがします。

オールドギャップの良さ

今回はGAPのヴィンテージレザージャケットを購入してみましたが、細部にまでこだわっているのがよくわかり、そのミニマルなデザインと機能性に改めて惹かれました。

大き目に作られているところも、近年流行のオーバーサイズスタイルにマッチしています。ヴィンテージとしての良さや希少性というよりは、デザインの良さに価値がついているアイテムですね。

OLD GAPはこの90年代紺タグのものが広く流通しており、野村訓一さん着用、さらにポパイでも紹介されていた名品のカーコート、さらに、ハーフジップフーディーや旧ロゴのスウェットなどこれからの時期欲しくなるアイテムがたくさんありますのでみなさんもお気に入りのOLD GAPアイテムを探してみてください。

以上、買ってみたレポートでした。

この記事を書いた人
M部長

軟式古着部部長。30代後半。小学校時代から代々木公園、明治公園のフリマに通い、古着選球眼を養う。
国内古着ECの運営、越境ファッションブランドの企画、古着リメイクブランドの設立など、古着と関わること20年以上。
古着の魅力を発信するため、副部長である妻と共に軟式古着部(当ブログ)を運営しています。

M部長をフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
おすすめ古着
M部長をフォローする
軟式古着部

コメント

タイトルとURLをコピーしました